【重要】入居に関するご案内 R4/4/1

【重要】入居に関するご案内 R4/4/1

Join us! share house

2022.08.10#シェアハウス#知識#英語

シェアハウスで英語が話せるようになりたい場合はどうすればよい?

日常生活の中で、英語が話せるようになりたいと考える人も多いのではないでしょうか。

シェアハウスの魅力のひとつに、年齢や国籍がさまざまな人と交流できるという点があります。外国人の入居者と英語で話す機会があることで、英会話が上達するのではないかと思う人もいるでしょう。

英会話の上達には、アプトプットが大切です。外国人のいるシェアハウスでは、学んだ英語を日常会話としてアウトプットすることができます。

今回は、英語が話せるようになりたい場合のシェアハウスの探し方のポイントや、シェアハウスが英語学習に向いている理由を紹介します。

シェアハウスで英語が話せるようになりたい場合

シェアハウスで英語を話せるようになりたい場合、どのようなシェアハウスを選べばよいのでしょうか。ここでは、英語を話せるようになりたい人がシェアハウス選びで押さえておきたいポイントを3つ紹介します。

外国人も入居可能なシェアハウスを探す

外国人が入居可能なシェアハウスかどうか、事前に確認しましょう。外国人の入居者と交流することで、ネイティブな英語に触れることができます。

ただし、英語が母国語ではない人や、そもそも外国人の入居者がいないというケースもあります。英語で話す機会を重視している場合は、事前に運営会社に確認しましょう。

英会話レッスンやアクティビティに参加する

シェアハウスによっては、英会話レッスンや英語を使ったゲームなどのアクティビティを実施していることがあります。

普段から英会話に興味があり、いろいろな教材などから積極的に英語を学びインプットしていても、その学習を活かすアウトプットの機会がなければ上達しません。英会話レッスンやアクティビティに参加することで、英語を使ったアウトプットの機会を増やすことができます。

スピーキング力は実践で伸びる要素が大きいので、英会話レッスンやアクティビティに参加することで、英会話力を向上できます。

英語学習をコンセプトとしているシェアハウスを探す

英語学習をコンセプトに掲げるシェアハウスもあります。定期的な英会話レッスンなど、英語学習の支援体制が整っています。

一人暮らしでは、英会話のレッスンや英語の勉強時間を確保できない人でも、英語学習をコンセプトとしているシェアハウスを選ぶことで効率的に勉強できます。

また、入居者の目的が英語学習なので、お互いに切磋琢磨できる環境なのも魅力です。ただし、英語学習がコンセプトなので入居者が日本人しかいないということもあります。事前に、どのような学習サポートがあるのか、入居者に外国人がいるのかなど確認しましょう。

短期間で英語力を向上させたい人は、日本語の使用を禁止しているシェアハウスがおすすめです。日本国内で生活しながら留学している環境を体験できます。ただし、日本語禁止のシェアハウスの場合、ある程度の英会話スキルがないと日本語が使えない環境がストレスになってしまうこともあります。

自分の英会話力や目標に合わせたシェアハウスを選びましょう。

シェアハウスが英語学習に向いている理由

英語学習にシェアハウスが向いている理由を3つ紹介します。

外国人が入居可能なシェアハウスも多いため

多くのシェアハウスが、日本人だけではなく外国人の入居も可能です。外国人の入居者と積極的に英語で会話をすれば、生きた英語を生活の中で学べます。

日本のシェアハウスに入居している外国人は、留学生やワーキングホリデー中の人、日本で仕事を探している人が中心です。日本に興味や関心があり、日本語が話せる人もいます。相手に英語学習に協力してほしいと伝えることで、力になってもらえることもあるでしょう。

自然と英語に触れる機会が増えることで、英語の学習だけにとどまらず、海外の文化や価値観を知ることもできます。

外国人と実際に話して練習できるため

外国人と英語を使って日常会話をすることで、英会話の練習ができます。相手から日本語で話したいと言われない限り、英語で会話してみましょう。

入居者同士のコミュニケーションが多いシェアハウスでは、外国人と実際に話す機会が増えるため、日常会話レベルの英語を習得するのに適しています。

しかし、あいさつや食事の際に話す内容はあまりバリエーションがありません。そのため、英語力を高めるためには雑談を積極的に行いましょう。雑談 の話題は、週末の予定や母国についてなど、お互いのことを話すと距離が縮まります。

同じ英会話の上達を志している住人と切磋琢磨できるため

入居者の中には、シェアハウスでの生活を通して英語を習得することに意欲的な人が一定数います。英会話の上達に対して意欲的な人が同じシェアハウスにいることで、積極的な情報交換や、切磋琢磨しながら英会話の上達を目指すことができます。

また、日本人以外に、中国や韓国など英語が母国語ではない国の入居者もいます。さまざまな国の人と一緒に英語を学べることもシェアハウスならではの特徴です。

英語が話せるようになりたいなら自主学習が大切

外国人がいるシェアハウスや、英語学習をコンセプトとしているシェアハウスでは、日常生活の中で英語を学ぶことができます。

しかし、外国人と一緒に生活するだけでは英語が話せるようになりません。英語力を向上させるためには自主学習が大切です。

シェアハウスで触れる英語の中で、知らない単語や表現が出てきたときは、メモを取って後から調べるとよいでしょう。自主学習があってこそ、シェアハウスの環境を活かして一気に英語力を伸ばせるようになります。

また、シェアハウスでの生活では使う単語が限られてしまうことも懸念されます。単語や文法の勉強をする時間を確保することも大切です。

自主学習の効果を最大限に活かすためにも、積極的に英語で話しかけることも忘れてはなりません。せっかく学んだ英語も、自らの言葉で発信していくこと上達していきます。ぜひ自主学習でインプットした内容を、積極的にアウトプットしましょう。

英語が話せないけどシェアハウスで暮らしてみたい場合

シェアハウスでの生活に英語が必須というわけではありません。英語は話せないけどシェアハウスの共同生活を楽しみたいという人へ向けたシェアハウス探しのポイントを2点紹介します。

運営会社に外国人の入居状況を問い合わせてみる

シェアハウスの入居者に外国人がいれば、どうしても英語を使う機会が出てきてしまいます。英語でのコミュニケーションを避けたい場合、外国人の入居者数が少ないシェアハウスがおすすめです。

東京などの都心部には世界中の外国人が数多く訪れるため、必然的にシェアハウスへの外国人入居率も高くなりがちです。心配な場合は、運営会社に外国人の入居状況を問い合わせてみましょう。

日本人のみの入居を許可しているシェアハウスを探す

日本人のみの入居を許可している物件を探すと、英語が話せなくても安心です。また、日本人と、日本語での日常会話ができる外国人のみ入居可というシェアハウスもあります。

まとめ

シェアハウスで英語を話せるようになりたい場合、外国人も入居可能なシェアハウスや、英語学習をコンセプトとしているシェアハウスを探すとよいでしょう。

シェアハウスで、英会話レッスンや英語を使ったアクティビティがある場合は、積極的に参加することで英会話力が身に付きやすくなります。

外国人がいるシェアハウスでも、ただ住んでいるだけでは英語の上達は見込めません。知らない単語や表現が出てきたら、後から調べるなど自主学習が大切です。インプットした内容を雑談で積極的にアウトプットすることで英会話力が上達します。

FRESHROOMの入居者は年齢も国籍もさまざまです。グローバルな交流を求めて入居する人も多くいます。 お気軽にお問い合わせください。